結婚相談(東京・横浜・名古屋・大阪) Bridal TOP > スタッフブログ


ブライダル スタッフブログ

スタッフブログ

106.gifこんにちは!企画担当のmoku003.gifです。

ジョージ・アレクサンダー・ルイ
「なんてかわいい名前でしょう」と
英国の年配のご婦人がテレビで感激してしゃべっていた。
英王室に誕生したロイヤルベビーの名前である。

全然関係のない日本人の私も気に入っている。
私にとってジョージといえば、ビートルズの「ジョージ・ハリスン」
アレクサンダーといえばあの「アレクサンダー大王」
そしてルイは好きなフランスの作家「ルイ・アラゴン」である。

でもちょっと不思議。
「ルイ」ってフランスに多い国王の名前でしょ?
父親であるウィリアム王子の四つ目の名前から取ったそうで、
ヨーロッパの王室は昔から様々な国との婚姻関係で均衡を保ってきた由来なのか、
英国王にも「ルイ」の名前があってもおかしくない?

ウィリアム王子とキャサリン妃夫妻の間に誕生したとなれば、
さぞかしイケメン王子になりそうで何年か後を楽しみにしている人も多いと思う。
これでしばらく英王室は安泰だ。

実際のところジョージは今のエリザベス女王の父が「ジョージ6世」、
アレクサンダーは女王の二つ目の名前「アレクサンドラ」から。
こうなると曾祖母のエリザベス女王が一番嬉しいかも。

ところでこのロイヤルカップルが、今密かにブームの
「復縁愛」のシンボル的な存在になっているらしい。

日本では7割ものアラサー女子達が、新しい出会いより
元彼への復縁を希望しているのだそうな・・・。

ウィリアム王子とキャサリン妃は
学生時代に付き合い始めて少なくとも一度別れており、
その後二人が復縁して結婚に至ったことは周知の事実である。

二人とも別れていた時期にそれぞれの道を模索したり、
自分自身を見つめ直したりとその期間がいい方へと働いたとのこと。
それで復縁となれば愛の絆は深まりロイヤルウェディングへは自然の流れ。

そして未来の国王「ジョージ7世」が誕生したのだった。

芸能界にも復縁カップルは多い。
V6のイノッチと瀬戸朝香さんもそうだった。
日本における復縁願望は将来の明るい展望が描けない
安定志向のアラサー世代の特徴でもあるらしい。
次の恋を探すより、一度付き合ったことがあるという安心感から復縁を望むという。

でも「ちょっと待って」と私は言いたい。

ロイヤルカップルのようないい結果ばかりではなさそうな気もするからだ。
思い出は美化されやすい。
そんな状態で復縁してもすぐまた別れる結果になりそう。
自分を見つめ直すことはいいことである。
復縁するか新たな恋に向かうのか。
人生は短い、様々な出会いの中であなたなりの結婚相手を見つけてはどうでしょう?
このロイヤルカップルに負けない幸せを、手に入れることもできると信じて。


ブライダルは結婚創造文化の発信源として、社会に貢献する企業です。
ブライダルは結婚相談のパイオニアとしてお相手のご紹介という情報提供のみにとどまらず、パーティやセミナー・イベント・情報誌の発行など様々なプランの発信を続けています。それぞれに自分自身で行動を起こすことが新しい出会いのチャンスへとつながるからです。ブライダルでは結婚相談所のような、人を介したきめの細かいサービス、専任コーディネータ制にて今までに多数のご成婚を創ってまいりました。これからも様々な出会いを提案し、信頼あるバックアップとして、また結婚創造文化の発信源として、社会に貢献できる企業、パートナーであり続けることをお約束いたします。