結婚相談(東京・横浜・名古屋・大阪) Bridal TOP > スタッフブログ


ブライダル スタッフブログ

スタッフブログ

小学生の娘が続けていた習い事を、今月いっぱいでやめさせることに
しました。

娘がその習い事を「やりたい」と言うので、自宅から通える教室を探して、
娘と一緒に見学に行き、通い始めたのが1年前。
学校が休みの日に、母娘でバスに乗って教室までお稽古に通いました。

お稽古を見学していると、娘は楽しそうではあるのですが、
なかなか先生の指示通りに動けず、要領を得ない様子・・・。

どの世界も同じかと思いますが、その習い事の世界も厳しくて、
華々しく活躍できるのは、人一倍の努力ができて根性もあって、
実力とセンスを兼ね備えた一部の子たち。
一方で我が娘は、客観的に見て実力もセンスもごく人並み。
上に這い上がろうとする根性もなし。
親としては結構お高い月謝を払っているので、ただ「楽しい」で
終わるのでなく、「もっと上手になりたい」とか、向上心を持って
取り組んでほしいのですが・・・。

何年もお稽古を続けていれば、だんだん実力もついてきて、
いつかは上位クラスに入れるのかもしれません。
ただ、それがいつになるのか分からないし、今のところ本人に
上を目指そうという気はまるでないので、何年続けても
たいした活躍をすることもなく地味に終わるのかもしれません。

ただ「楽しい」だけのお稽古に時間とお金をかけるより、
娘にもっと向いていて、娘が努力を努力とも思わず打ち込めるような
何か他のことで頑張った方が本人だってもっと楽しいのでは?

などと親だけがあれこれ考えてても仕方ないので、
娘と話してみたところ、娘の返事は「もうやめる」と
あっさりしたものでした。
「お稽古で夏休みがつぶれるのは嫌」ということで・・・。orz

そんなわけで、その習い事はやめることにしたのですが、
先の見通しの立たないことを頑張り続けるのは難しいなぁと
今回あらためて思ったのです。

婚活もそうですよね。
運命のお相手といつ出会えるかなんて、神様にしか分かりません。
先が見えない中、何年も頑張り続けても、その努力は
実を結ぶことなく結局ご縁を諦めることになってしまうのかもしれない。

他社で、居住地域・年齢・性別から割り出した成婚率を開示する
サービスが始まったそうです。より細かい数字が出ることで、
従来よりは先の見通しが立つかもしれないですね。
新聞記事によると、例えば「東海地区在住の30才の女性は
成婚率30%」とか。

もし私ならば・・・?
成婚率30%と言われて、婚活を始めるか、どうするか?
50%だったらどうするか?? 
10%だったら・・・??

もし私なら、結婚したいという思いが本当に強ければ
たとえ成婚率が1%と言われても、その1%に最後の望みを
賭けるかもしれないな、と思います。
何らかの手段があるならば、使える手はできる限り使ってみて、
それでもダメだったというなら仕方がない。
ダメ元で開き直って、やれるだけやってみるかもしれません。

でも、そうやって決死の覚悟で飛び込んでみて、
へこむ出来事ばかり続いたら、いつまで活動を続けられるか?
先が見えないことを頑張り続けるって、やっぱり
しんどいなって思います。

そんな会員様の思いに寄り添いながら、
「それでも一緒に頑張りましょう」と言いたいです。
ブライダルのスタッフとして、私は会員様を心より応援します。


ブライダルは結婚創造文化の発信源として、社会に貢献する企業です。
ブライダルは結婚相談のパイオニアとしてお相手のご紹介という情報提供のみにとどまらず、パーティやセミナー・イベント・情報誌の発行など様々なプランの発信を続けています。それぞれに自分自身で行動を起こすことが新しい出会いのチャンスへとつながるからです。ブライダルでは結婚相談所のような、人を介したきめの細かいサービス、専任コーディネータ制にて今までに多数のご成婚を創ってまいりました。これからも様々な出会いを提案し、信頼あるバックアップとして、また結婚創造文化の発信源として、社会に貢献できる企業、パートナーであり続けることをお約束いたします。