結婚相談(東京・横浜・名古屋・大阪) Bridal TOP > スタッフブログ


ブライダル スタッフブログ

スタッフブログ

ここのところ、芸能界が結婚ラッシュですね。
婚活業界に身を置く身としては、非常に頼もしく、嬉しい限りです!
この風が結婚に対して後ろ向きな姿勢だった方々の背中を押して
くれたらいいな、と思っています。
長い春に決着がついたり、婚活を始めたり!

ところで先日、Yahoo!内で「あなたは結婚に対して魅力を感じますか?」
というアンケートがあったので参加してみました。
—————————————————-

269.gifパートナーと家族を形成する魅力を感じる

270.gif経済的なメリットがあるので魅力を感じる

271.gif世間体がよいので魅力を感じる

272.gif自分の趣味や時間が大事なので魅力を感じない

273.gif現行の結婚制度が自分には合わないので魅力を感じない

274.gif家族を養うことや子育てへの不安が大きいので魅力を感じない

275.gif上記にはない
—————————————————-

この中から私は「パートナーと家族を形成する魅力を感じる」を選択。
調査結果でも一番多い回答でした。

回答者のスクリーニングも一切なく、ごった煮な結果なので現代結婚観の縮図!
みたいな精度は決してないアンケートだとは思いますが、そこはそれ。

辛らつな言葉が踊るコメント欄には、様々な立場の
いろんな意見がありとても興味深かったです。

「結婚、悪くないよ~」程度の感想を書くのは
憚られる雰囲気があり…強い意見があるからこそ、
コメントするのかな。
「少子化(日本がなくなる)を危ぶむ」だったり
「政府の景気対策批判」などなんともお堅い意見が並ぶのを見ていると、
選択肢の「パートナーと家族を形成する魅力」を選んだ人は
「結婚、いいのにな~」くらいに思っている人々ではないのかと、推測。

かくいう私も「結婚、いいんだけどな~」派、既婚者の一人。

「家族」というのは確かにただの制度・契約だというのは事実ですが、
「恋人同士だよね」という言葉より「私たち家族だよね」という言葉は、
心地いい重みを持っていると結婚して3年経った今でも思います。

人生の大きな決断をするときにそれに関わってくる人がいる。
それを頼もしい、と感じるか鬱陶しいと感じるかは、
価値観の差の現れるところでしょうか。

私は前者、将来歳をとったらこういう生活をしたいね、
なんて話をしていることに幸せを感じます。

ちなみに私も主人もひとり大好き、マイペースな個人主義です。

結婚したら趣味は封印すべしなんて、なにそれおいしいの?状態で
二人の生活を楽しんでいます。

アンケートに戻って、様々な意見の中でも、自分の生活ペース・習慣が
変わってしまう、ことを懸念しているような意見が多く見られました。
そういった意見を読んでいたら以前、「家族という病」(下重暁子・幻冬舎)
についての感想を同僚スタッフが綴っていた記事を思い出しました。。
その中の
「生涯の伴侶といえどもしょせんは他人。
家族だからこそ分かり合いたいとは思いますが、
生まれ育った環境も価値観も一人ひとり違いますので、
本当に分かり合うって難しいと思うのです。」
という箇所です。

裏を返せばすべて分からなくて良いのではないか、ということ。
(彼女もブログの最後でそう書いています)
お互いの大事なものをすべてさらけだして
共有しなきゃならないものが結婚だって誰が決めたのかしら。
お互いに別々の好きなものがあったっていいじゃないっていう
価値観は少しでも共有できてないと難しいですけどね。

ふと、趣味に飽きて休憩しようと思ったときに、一緒にお茶を飲む相手が
いるって想像するのも、窮屈に感じますか?

もちろん結婚が幸せの最適解ではないことは重々承知。、
ただただ、もったいないなぁ。と思ってしまったのでした。


ブライダルは結婚創造文化の発信源として、社会に貢献する企業です。
ブライダルは結婚相談のパイオニアとしてお相手のご紹介という情報提供のみにとどまらず、パーティやセミナー・イベント・情報誌の発行など様々なプランの発信を続けています。それぞれに自分自身で行動を起こすことが新しい出会いのチャンスへとつながるからです。ブライダルでは結婚相談所のような、人を介したきめの細かいサービス、専任コーディネータ制にて今までに多数のご成婚を創ってまいりました。これからも様々な出会いを提案し、信頼あるバックアップとして、また結婚創造文化の発信源として、社会に貢献できる企業、パートナーであり続けることをお約束いたします。