結婚相談(東京・横浜・名古屋・大阪) Bridal TOP > スタッフブログ


ブライダル スタッフブログ

スタッフブログ

最近、ネットサーフィンをしていて偶然知りました。
婚活によって辛くなってしまった人のためのメンタルクリニックがあるらしい。

その記事を読んだときに思ったのはさもありなん。の一言。

結婚相手を探す、というのはなかなかに骨の折れることです。
これからの長い時間を共に濃く過ごしていくお相手を決めるのですから。
より良いお相手を、より自分を大事にしてくれる人を、と
どんどん条件が厳しくなってしまうのも当然のことと思います。

だけれども029.gif

ココは外せない、ココも。と条件を追加していく中で
「理想的なお相手像」があまりにも具体的になってしまうと、
新しい出会いですぐに、『減点』式で相手をジャッジしてしまうことはありませんか。

少しの違和が耐え難い欠点に映ってしまい、
「この人は違う」「この人ではダメだ」と。

ではとことん妥協しなさい、というのは身も蓋もない話で143.gif

そんなことを言われたくないだろうし、言いたいわけではありません。

人の価値は『可視化』できるものばかりではないと思うんです。

自分の話しかしない人だな、って思ったとして
もしかしたらお相手は緊張しているだけかもしれません。
少しでも楽しませようと頑張っているのかもしれません。
もっと違う理由があるかもしれません。

自分がジャッジする、というのはたやすいですが
自分の価値をジャッジされる、と考えるとなんだかモヤッとしませんか?

行動の裏の本当の気持ちを知っているのは自分だけだから。
それをうまく伝えられずに、短い時間で”判定”されてしまうのはツライですよね。
婚活がうまくいかないと、選択の自由とか有り無し、損得、といった
競争に敗れたと思って必要以上に辛くなるんじゃないでしょうか。

本当はそんなことないですよ!声を大にして言いたい!
あなたの魅力は見えないところにちゃんとあるのです。

最近テレビでよく聞く、ありよりのあり、なしよりのなし。とか。
(その中間にありよりのなし、なしよりのあり、と4段階で評価するようです。言い方は面白いけど意味はよく考えると雑144.gif
少し前にネットでも話題になったコスパ婚なんて言葉とか。

最近、ジャッジしまくりだな~なんて思ってました。
損をしたくない、損をするのは愚かなこと、という風潮がありませんか?

私が古風なのか、なんでもかんでも損得勘定するのはどうなのだろう、
寂しいな、と思ってしまいます029.gif

自分にとって「損か得か」「アリかナシか」
自分発信、すなわち自分勝ちだけに向かうのではなくて
そろそろ受け止めあうのはいかがですか。

ブライダルでは会員様おひとりおひとりに担当のコーディネーターが付いて
些細な悩み事から具体的なお付き合いのアドバイスまで
親身になって会員様の婚活を応援しています。
自分には見えない魅力も視点を変えると見えることもあるんです。
お一人での活動が辛くなったら、ぜひ一緒にブライダルで婚活しませんか。

お待ちしています!


ブライダルは結婚創造文化の発信源として、社会に貢献する企業です。
ブライダルは結婚相談のパイオニアとしてお相手のご紹介という情報提供のみにとどまらず、パーティやセミナー・イベント・情報誌の発行など様々なプランの発信を続けています。それぞれに自分自身で行動を起こすことが新しい出会いのチャンスへとつながるからです。ブライダルでは結婚相談所のような、人を介したきめの細かいサービス、専任コーディネータ制にて今までに多数のご成婚を創ってまいりました。これからも様々な出会いを提案し、信頼あるバックアップとして、また結婚創造文化の発信源として、社会に貢献できる企業、パートナーであり続けることをお約束いたします。