スタッフブログ


明けましておめでとうございます。東京本社のライアンです。

2019年が皆様にとって素敵な一年になりますように…112.gif

新年第1回目のブログ記事ということで、今回はずばり「結婚」をテーマに書いてみようと思います!

私の友人に、スイス人との国際結婚を考えている30代の女性がいます。相手と出会った頃から二人の様子をちょくちょく耳にしているのですが、ハードルがたくさんある分、結婚について改めて考えさせられることが多いようです。

「どうして?」という周囲の視線を尻目に、二人は日本とスイスの遠距離関係を続けています。二人とも「相手と一緒にいるために」自分を犠牲にしたくない(=自分の夢・やりたい事を捨てたくない)という想いがあるようです。

当然、その逆もしかり。「相手が自分のために“本当ならできたはずのこと”を捨てて来るなんて、嫌だ。そんな風にして相手を不幸にしたくない」ということらしいです。自分自身と相手、両方を大切に想うがゆえの選択ですね。

恋人と一緒に暮らすために相手の国まで遠路はるばる嫁いだのに、結局その土地で自分の生活を築くことができずに辛い思いをする…というのは国際結婚でありがちなパターンですが、これは国際結婚に限られた話ではありません。

結婚をしても、自分の人生を切り開いていけるのは最終的に自分だけなのですね。

どうすればお互いが自己実現しながら一緒に暮らせる道を切り開けるか、壁にぶつかりながら模索している様子、そして長期休暇のために貯金をしたり計画を練っている様子は、とても充実していて楽しそうです。
たとえまだ法的な意味での結婚はしていなくても、「結婚」と呼ぶに値する信頼関係って、こういうものなのかもしれないなぁと感じます。

そんなこんなで、今年もたくさんの素晴らしいカップルが生まれることを心から祈っております。

(東京本社 ライアン)