結婚相談(東京・横浜・名古屋・大阪) Bridal TOP > スタッフブログ


ブライダル スタッフブログ

スタッフブログ

いま連続テレビ小説『マッサン』にハマっています108.gif

マッサンがんばれ!エリーかわいそう!とか、朝からテレビの前で一喜一憂。
初めて朝ドラ観てるんですが、主役を演じた女優がそのあと時の人
(能年玲奈ちゃんとか)になる理由がようやく分かった感じです。

『マッサン』は当時は珍しかった国際結婚カップルのお話です。
国産ウィスキーの創始者がモデルということですが、いかに熱い情熱を持って
困難に挑み成就したか。という男のロマン(?)ってのはさておいて、、、

やっぱり、二人のラブラブっぷりが私には見どころ188.gif

駆け落ち(しかもエリーはアジアに!大正9年ですよ!)してまで
一緒になった二人の情熱を見続けたい!見守りたい!
というのが、私の『マッサン』へのモチベーションです(笑)

“日本男児たるもの”とか、“妻は半歩下がって”なんて風潮が
今よりずっと濃かった時代の日本で、時折エリーはマッサンに
愛の言葉をせがみます。
「夫婦は対等なパートナーじゃ」と、当時としては先進的な考えを
持っているマッサンでさえもちょっと恥ずかしがる。
この掛け合いが、私は楽しくてたまらないです(笑)186.gif

ところで、現代の日本にも愛情を豊かに伝えてくれる男性は
少ないですよね。慣れていないので恥ずかしい、というのももちろんのこと
軽々しく愛を口にする=“チャラ男”というイメージ、ありません?

実際は女性からしたらそんなことないんだけどなー。
素直に嬉しいに決まってますよ!
誰にでも軽々しく「好き」と言っていたらそれは“チャラ男”です!

感情を素直に表現できる人は素敵ですよね。

エリーは、そういう魅力を持った女性だと思います。
嬉しいとか、寂しいとか、ごめんなさいとか、好きとか
マッサンに伝えてますよね187.gif

恋敵?の優子にも状況を解決するために気持ちを伝えに行くシーンがありました。
ただ、それは決して子どもっぽくワガママに振舞うことではありません。
ちゃんとコミュニケーションしているんだと思います。

とはいえ、私もダンナさんに腹立つことがあると黙って不機嫌になり
さらに“察して”くれないことに二重に腹を立てることがあります…141.gif
この状態、女性あるあるですよね…141.gif

でもダンナさん側に立ってみると、この行動は理不尽この上ない029.gif

今後は気をつけよう!と朝からエリーに学んだつもりになったすぐ後で
マッサンほど感情を表現しないダンナさんに朝から勝手にイラつく、という
理不尽ループをしている最近です。

がんばります。


ブライダルは結婚創造文化の発信源として、社会に貢献する企業です。
ブライダルは結婚相談のパイオニアとしてお相手のご紹介という情報提供のみにとどまらず、パーティやセミナー・イベント・情報誌の発行など様々なプランの発信を続けています。それぞれに自分自身で行動を起こすことが新しい出会いのチャンスへとつながるからです。ブライダルでは結婚相談所のような、人を介したきめの細かいサービス、専任コーディネータ制にて今までに多数のご成婚を創ってまいりました。これからも様々な出会いを提案し、信頼あるバックアップとして、また結婚創造文化の発信源として、社会に貢献できる企業、パートナーであり続けることをお約束いたします。