結婚相談(東京・横浜・名古屋・大阪) Bridal TOP > スタッフブログ > 恋愛か結婚か・・・なのか?


ブライダル スタッフブログ

スタッフブログ

恋愛か結婚か・・・なのか?

先日、ラジオを聴いていたら、流れてきた特集コーナー。
「現代の若者の恋愛状況を考える」というような題名で
ゲストに「金曜日の妻たちへ」や「男女7人物語」などの脚本で知られる
鎌田敏夫さんを迎えての同コーナーは、30分ほどと短かったですが
とても興味深かったです。

番組内では最新の恋愛に関するアンケート結果を取り上げ、
(どこのデータだったか聞き逃してしまいました141.gif
なぜ現代の若者の恋愛離れが進んでいるのかの考察、
また実態調査として若者への街頭インタビューも流れました。

「自分の時間やお金を割きたくない」
「趣味の合う友人がいれば十分」
「2次元しか愛せない」

現状8割近くが恋人がいない、と答え、その半数以上が
「恋愛は面倒」として恋人をいらないと回答したようです。
普通に初恋や幾度かの失恋を経て結婚をした、
“若者ではない“私には眉をひそめたくなるような回答…146.gif

しかしそれらへのコメントを求められた鎌田氏の回答がとても心に刺さりました。

曰く「恋愛が面倒なものなのは間違いないので
したくないものは無理にする必要はない。
恋愛はできる人だけがすればいい」
といったシンプルなご発言!!

その視点はなかった~!!icon_eek.gif

なるほど。
恋愛することで人生経験が豊かになる、コミュニケーション能力が高まるとか
恋愛は社会との繋がるためのツールにもなる、とか
恋愛経験者(?)は声高にその美徳を説きます。

かなり乱暴な書き方をすると
本能行動である恋愛を自らしないというのは生物として「欠陥」がある。
という理屈になるでしょうか?

それに近い考えでしたが、果たして本当にそうなのだろうか?
と鎌田氏の意見を聞いて思いました。

確かに、恋愛は面倒です。
嫉妬をしたりされたり、友人とはしないような喧嘩や諍いも起きるでしょう。
自分の好きな服装や趣味などに制限がかかることもあるかもしれません。
逆に、特に興味のない場所へお金と労力を使って出かけることもあるでしょう。

うん、知ってる。だから私(俺)はいいや。というならそれまで。
え、でも楽しいじゃん。って思う人だけが恋愛すればいいのです。
だって、恋愛は一人でするものではないと思うから。

でもでも、意外なことに数字上では「恋愛はしたくない」けど
「結婚はしたい」という結果になることが多いんですよね。
恋愛の方が感情的になって疲れるイメージが強いからかしら。

どんなに大恋愛の果てに結婚したカップルでも、
結婚生活が長くなればなるほど激情は過ぎ去って
安定した関係に落ち着くもの。

ともすれば、はじめから共通項の多い相手であれば恋愛せずとも
平穏な結婚生活を送ることができる(したい)と考えるのは無理からぬ。
恋愛にしろ、結婚にしろどんなプロセスを経るにしても
それぞれが思うように進めることができる世の中であることが
きっといい社会なのでしょう……かね?


ブライダルは結婚創造文化の発信源として、社会に貢献する企業です。
ブライダルは結婚相談のパイオニアとしてお相手のご紹介という情報提供のみにとどまらず、パーティやセミナー・イベント・情報誌の発行など様々なプランの発信を続けています。それぞれに自分自身で行動を起こすことが新しい出会いのチャンスへとつながるからです。ブライダルでは結婚相談所のような、人を介したきめの細かいサービス、専任コーディネータ制にて今までに多数のご成婚を創ってまいりました。これからも様々な出会いを提案し、信頼あるバックアップとして、また結婚創造文化の発信源として、社会に貢献できる企業、パートナーであり続けることをお約束いたします。