スタッフブログ

ise_ 13月中旬に娘と伊勢参りに行ってまいりました。
今年は正宮遷宮の翌年にあたる「おかげ年」で、ものすごいご利益があるとか。
加えて3月末までは新旧の正宮が並びたっている様子も見られるというので、そそくさと参った次第です。
しかし、19になる娘の目的はもう一つ。
「縁結び」でございました。

出雲大社とまちがえてるんじゃないの?
と言われそうですが、伊勢神宮の森から海の方に
離れること車で約20分、二見浦というところに、
目的のお社があったのです。
二見興玉(ふたみおきたま)神社。
正しくは、伊勢神宮の外宮、内宮へ参拝する前に足を運ぶところです。
まずここでお祓いを受け、身を清めてからいざ伊勢神宮へというのが正統な伊勢参りです。
でもずっとずっと前は、この神社でなく本当の海=二見浦で禊を行っていたらしい・・・。
浜参宮というそうですよ、いい感じですね。

で、縁結びですが、この二見興玉神社の目の前に夫婦岩と呼ばれる大小二つの岩が
ありまして、縁結びや夫婦円満などにご利益がある神社とされているのです。
名前の由来は、夫婦岩の沖合い700mにある猿田彦大神ゆかりの興玉神石。
まさに海と一体となったようなすばらしいロケーションにも感激です。
夏至の日に、夫婦岩から拝する朝日は、それはそれは神々しいとか。

縁結びのお守りをしっかりゲットし、旅のはじめに早くも目的達成の娘でしたが、
その後いよいよ伊勢神宮に詣で、今度は深い森の荘厳さにたいそう感動しておりました。
みなさまも、おかげ年の今年に、ご利益とご縁を求めてぜひいらしてみてくださいませ!
ise_ 2