スタッフブログ

桜のころ 悲喜こもごも

4月を迎えると、早々に入学式と思われる真新しい制服の親子づれや、
新たに社会人デビューの少し不安と自信が入り混じった方々の中に
始まりや可能性を感じさせてくれ、つい、応援したくなります。

y-bonsai_1348


私事ですが、先月に長男が大学を卒業しました。
私は、この卒業式には参列しませんでした。

4年前の入学式に感じたのですが、
大学ともなるとやはり本人が全てなのではないかと思えたし、
会場に入りきれないほどの付き添いの方々が多すぎて
びっくりしたので…029.gif


卒業式、日本では悲しい別れ感が強いですが、
旅立ちの感動でもありますよね。
私自身の最後の卒業式は、カナダ系修道会の学校だったからか、
明るくて、力強い式典でした。
カナダ人シスター達は、「教えることは全て教えた!」と
ばかりに自信に溢れ、確かに色々教わった?・・・かも程度の
私達は「この厳しい環境から解放される」とばかり、
ひたすらうれしかったのを覚えています。
当時、気付かなかったけれど、数十年経った今、
教わった数々のことは心の引き出しに
沢山詰まってますよ~ ma soeur038.gif

新社会人として毎朝慌しく出勤していく長男の無事を祈りつつ
これからは、自分で考え、悩み、幾多の失敗を経験し、
色々な方々に助けて頂きながら、達成する喜び、
次の世代に手渡せる何かを築ける、
本当の意味で一人の大人になっていってほしいと願っています187.gif

改めて、こんな節目の日々を振り返りながら、
ブライダルのお仕事を考えています。

ブライダルでは会員の皆様に寄り添って
結婚へのお手伝をさせて頂いています。

会員様は、皆様、社会人となって経験を積まれ上で、
ご自身の進むべき、より善き人生へ前向きに
お考えになられている方ばかりです。

新しいスタートへ向けて、
まず、ご相談ください。お待ちしております054.gif