結婚相談(東京・横浜・名古屋・大阪) Bridal TOP > スタッフブログ > 水にまつわる2つの展覧会


ブライダル スタッフブログ

スタッフブログ

水にまつわる2つの展覧会

美しいものを見るのが好きで、時々美術展に出かけています。
と言っても、特に美術を学んだというわけではなく
ただ好きなだけの素人です。

今月はサントリー美術館で開催されていた「水 神秘のかたち」展を
見てきました。
古来、水は信仰の対象とされ、祈り、尊ばれてきたのですね。
数々の展示作品から昔の人たちがいかに水を大切にしてきたか
しみじみ感じさせられました。

それにひきかえ現代。
私たちの世代は水をこれほど大切にあつかっているだろうか?
なんて、一緒に行ったお友達と話しながら帰ったのですが、
その数日後、新聞で画家の柏原晋平さんの個展の紹介記事を
目にしました。

柏原さんは京都・本能寺の襖絵を奉納されたり、GACKTさんの
舞台の背景を手がけたり、多彩な活動をされているそうで。
記事の中で、柏原さんが「水の循環への感謝の気持ち」を
絵に込めた、とあって、現代を生きる人が水への思いを
どう表現しているのか興味を持ち、個展開催中の椿山荘へ
出かけました。

柏原さんの作品は、
 
 
   美しかったです!
 
 
目覚めたら忘れてしまう、明け方の夢のような美しさ
とでも言いますか。
美しくも儚く、どこか懐かしい感じのする作品の世界に
魅了されました。

これはどういう描き方をするとこうなるんだろう??と
思うところが多々あったのですが、キュレーターさんによると
アクリル絵の具で塗った後、水で洗い流しているのだとか。なんて斬新。
流転する万物の一瞬のきらめきを写しとったような作品は、
まさに水との共同作業で生み出されたのですね。

水とともに流れ落ちていったであろう色彩と、
水に流されてもそこに残った色彩と。
 
 
人との出会いの記憶もまた、時に洗い流されて
美しい断片だけが残っていくのかもしれません。

な~んて。

水にまつわる展覧会2つ


ブライダルは結婚創造文化の発信源として、社会に貢献する企業です。
ブライダルは結婚相談のパイオニアとしてお相手のご紹介という情報提供のみにとどまらず、パーティやセミナー・イベント・情報誌の発行など様々なプランの発信を続けています。それぞれに自分自身で行動を起こすことが新しい出会いのチャンスへとつながるからです。ブライダルでは結婚相談所のような、人を介したきめの細かいサービス、専任コーディネータ制にて今までに多数のご成婚を創ってまいりました。これからも様々な出会いを提案し、信頼あるバックアップとして、また結婚創造文化の発信源として、社会に貢献できる企業、パートナーであり続けることをお約束いたします。