スタッフブログ

ラブ&ピースを祈った夏休み

少し前の話になりますが、先月、夏休みの家族旅行で広島へ行ってきました。
広島へは、鉄道オタクの長男が前々から行きたがっていたのです。
(広島市電に乗りたかったらしい)

DSC04691_1

ちょうど戦後70年の8月ですし、事前学習しておかないと!ということで
図書館で「はだしのゲン」全10巻を借りてきて、親子で読みました。

平和記念資料館を見学して、広島に落ちた原爆には50kgのウランが
搭載されていて、そのうち核分裂反応を起こしたのは1kgだったという
ガイドの方のお話を聞いて愕然としました。
たった1kgが、あの大惨事をもたらしたとは!
70年たって今、広島は緑も美しく、きれいな街になっていましたが、
福島の70年後はどうなっているのでしょう・・・?

被爆体験のお話を聞く会に参加したところ、語り手の方は実際に被曝された方
ではなく、被爆者の体験や思いを語り継ぐ「伝承者」の方でした。
広島市では昨年度から被爆体験伝承者を養成する取り組みを行っているのだそうで。
伝承者の方のお話は分かりやすく力強いものでしたが、原爆を実際に体験された方から
直接お話を聞くことは、すでに難しくなってきているのか・・・と複雑な思いでした。

それでも、原爆ドームや平和記念資料館に、たくさんの外国人観光客の方が
来ていたことには希望を感じました。
広島から発信されるメッセージが、どうぞ世界中に伝わりますように。

DSC04746_1

広島の後、出雲へ行きました。
出雲大社をお参りし、縁結びの神様に「ブライダルのスタッフとして
縁結びのお役に立てますように」とお祈りしてきました。

そして、寝台特急サンライズ出雲に乗って東京へ帰ってきたところ、
自宅のPC宛に知人からメッセージが届いていました。
その知人には、前にブライダルの資料をお渡ししていたのですが、
「一度、詳しく話を聞きたい」とのことでご来社予約を承りました!
これも出雲の神様のお導きかもしれません
出雲のご利益で知人に良いご縁があるといいなと思います。(^^)

ちなみに、長男が「今度は私鉄王国の関西へ行きたい」と言っていて、
次の旅行先は大阪になりそうです。