スタッフブログ

次々とハイビスカス

ハイビスカス6月に入ってからベランダのハイビスカスが次々と咲きはじめました。
といっても、花の命はわずか一日。
一日にひとつふたつ咲き、翌日枯れ、また別のつぼみが咲き・・・という具合。
購入してからもう15年ぐらいたっている鉢が2鉢で、木の高さは1メートルにもなりますが、強風や寒さで枯れかけたこともあります。
アブラムシや病気にやられたことも。

長年かけて会得した我流のコツは、12月になったら室内に入れ、若葉がすっかり大きく硬くなる5月になったら外に出す、というもの。
春になるとつい日光と風に晒したくて4月早々外に出したりしていたのですが、
これをやると柔らかい若葉にあっという間に虫がつくのです。
ぐっとこらえて5月まで待てば、すっかりしっかりした葉にもう虫はつきません。
我慢我慢。
肥料も忘れません。

コツはさておき、咲き乱れるということがないにしても、ほぼ週に3日ぐらいは
ぽつぽつと咲いてくれるのがうれしいですね。

何かを育てるのに環境って大事。
なんでも手厚くすればいいわけじゃないけれど、適当にし過ぎてもうまくいきません。
塩梅は試行錯誤しながら見つけていくしかありませんね。

婚活はどうでしょうか?
ひとり悩む前にまずは結婚情報サービスの胸を借りてはじめてみてはどうでしょう?
自分をそういう環境に置き、試行錯誤してみる。
そのうちに何かをつかんでいくはずだと、ブライダルのスタッフは考えています。
たとえ一つずつの小さな花であろうと、いつか花が咲くはず、と信じているのです。