スタッフブログ

料理はどっちがする?

こんにちは、始めまして企画担当のmoku003.gifです。
今回は雑誌広告掲載の宣伝も兼ねてのブログデビューです。

私は知らなかったんだけど『男子食堂』という料理雑誌知っていますか?
文字どおり料理が好きな若い(?)男子向けの料理本ですが、
これが実においしそうなんですね。
これに広告掲載どうです?と言われて思わずあらいいわね。
と反応してしまいました。

見せかたも料理もちまちましていない。
それでいて知りたいところはカラー写真を多用してポイントが一目で分かる。
大事なことですよね。
とにかく写真もきれいでセンスのよさを感じさせます。売れ行きもいいそうです。
何か褒めすぎかな?

別に私は出版社の回し者ではないけど、
こんな本を愛用するような男性にブライダルに来ていただきたい。
何しろうちの女性会員様の条件として、男性が家事に協力的であることはもう当たり前だし。
今はケンタロウとかコウケンテツとか、魅力的で身近に感じられる
若い男子料理人が活躍してますもんね。

余談ですが、我が家のキッチンはオープンなアイランドスタイルです。
このタイプにして正解105.gif
夫は休みの日などほとんどここを拠点に過ごしています。
というより占領されているといった感じかな。
そこからはリビングのテレビも見えるし、
ソファに座っている私とおしゃべりもできます。

もともと料理好きでしたが、今じゃ休日のブランチなどお手の物、
私もお相伴にあずかったりして・・・。
男の料理って道具や材料を買い込んで、お金が掛かるイメージがありましたが
うちはそうでもないです。
スパイスなどあれこれ買い込んではいるようですが・・・。

頼めば豆を挽いてコーヒーもいれてくれます。
何かカフェのマスターのようでもあります071.gif

男ってお気に入りの場所や道具を与えると、
嬉々としていろいろやってくれることを実感しました。

そうそう何かやってくれたら褒めないと・・・。
感謝を表すことが秘訣ですよ193.gif

長い(?)人生、やっぱり1人より二人のほうが楽しいと思う。
これからの結婚生活って育児も含めて出来るほうがやる時代になるのかも。

5/19発行の「男子食堂」見てくださいね。
良かったらブライダルに来て。

それではまた・・・242.gif