結婚相談(東京・横浜・名古屋・大阪) Bridal TOP > スタッフブログ > ミライ予想図


ブライダル スタッフブログ

スタッフブログ

ミライ予想図

平成28年、西暦にして2016年。
atom_0112

昭和生まれの私には2016年って未来感ありすぎなのです。そこに生きて存在していることが、なんか不思議というか。

普通に考えれば、1970年代に生まれた私が
ピンピンしている可能性の方が高いのに、
なぜか遥か遠い未来に思えていた2010年代…


2000年問題があったときには
(そういえば大したことなかったですよね?)
文明の歴史は思っているよりも浅く、未来への見通しも短いのだということを儚く思ったりもしました。


見通しが短い、と言えば
過去に発表されたSF作品の西暦の設定が、現実的には
とっくに過ぎていることがよく見受けられます。

有名なところではたとえば『鉄腕アトム』
原作ではアトムの誕生日は2003年なんです。すでに10年以上も前!!
ちょっと衝撃ですよね。
あと、昨年ネットを中心に話題になったのは米映画『Back to the Future PART2』
で主人公がタイムスリップした未来が2015年10月21日だったことですね。

1955年から1985年に帰還したマーティ・マクフライの目の前に、突然エメット・ブラウン博士(通称ドク)がデロリアンで現れた。未来においてマーティの息子がトラブルを起こすことが判明したという。それを回避するため、マーティとドクは彼のガールフレンド、ジェニファー共々30年後(=2015年10月21日)の未来にタイムトラベルするが、デロリアンが空中に炎の軌跡を残して消える瞬間を、ビフ・タネンが目撃していた。
Wikipediaより抜粋
映画中に出てくる技術がどこまで実現されて何がまだできていない、
という検証(?)はおもしろかったです。
私は、ちゃんと実現したというよりも、フィクションの想像力が的中
していることがいくつもあるんだなぁ、という方に感動しました。

spaceスマホ、タブレット端末辺りはかなりなミライ感!
3Dムービーは画期的なのですが
メガネを装着しないといけないところが…▲
その点、任天堂3DSはメガネなしで3Dを楽しめる衝撃は今も健在ですね。(3Dモードでゲームする人はほとんどいないと思いますが)
その他、気になるミライたち。
自動運転車。
人工知能/AI
3Dプリンター。
ドローン。
ジェットパック。
プロジェクションマッピングはちょっと違う?

でも、どんなに新しい科学技術が生活を変えても
家族を作り、子孫に未来を託す。
という生物の基本は変えようがないですよね。
無機物にはなれないのだ。

今話題の『STAR WARS』でも、名作『インターステラー』でも、
家族は描かれています。
漫画『銃夢』以来、私の人生観には「人間は生物である」
という視点が色濃く入っているのです。
シータも強く言っています。
「今、ラピュタがなぜ滅びたのか、私よくわかる。
(中略)土から離れては生きられないのよ。」…!!


さまざまな生き方を選択できる時代の中で
足をつけられる場所があることはこの上なく心強く、
新しいことにに挑戦できる糧となると私は信じています。
もちろん、家族に限らず親しい友人でもどんな関係でも信頼を築いていることが◎


近未来といえば強く願うのは
『マッドマックス』の世界のような未来が来ないことだけ…!

ブライダルは結婚創造文化の発信源として、社会に貢献する企業です。
ブライダルは結婚相談のパイオニアとしてお相手のご紹介という情報提供のみにとどまらず、パーティやセミナー・イベント・情報誌の発行など様々なプランの発信を続けています。それぞれに自分自身で行動を起こすことが新しい出会いのチャンスへとつながるからです。ブライダルでは結婚相談所のような、人を介したきめの細かいサービス、専任コーディネータ制にて今までに多数のご成婚を創ってまいりました。これからも様々な出会いを提案し、信頼あるバックアップとして、また結婚創造文化の発信源として、社会に貢献できる企業、パートナーであり続けることをお約束いたします。