結婚相談(東京・横浜・名古屋・大阪) Bridal TOP > スタッフブログ


ブライダル スタッフブログ

スタッフブログ

大黒摩季さん、カッコ良かったです!

こんにちは。東京本社スタッフのTです。
先日「東日本大震災・熊本地震復興チャリティー2017 神宮外苑花火大会」へ行ってきました139.gif
天気予報では「降水確率60%」とのことでしたが、花火終了まで雨021.gifが降ることなくてホッとしました。

イベントMCはタレントの菊地亜美さんとお笑い芸人の岩尾さん、花火打ち上げの前には、the brilliant greenや大黒摩季さん等のアーティストのLIVE168.gifでスタート。

野球のボールをデザインしたシウマイまん、美味しかったです。

会場が盛り上がり、陽が落ちたところでいよいよメインの花火123.gifがスタート!
約12,000発の花火が次々と打ち上げられ、目の前で繰り広げられる大迫力の音と光。豪快に響き渡る、夜空に咲く幻想的な花火に圧倒されました176.gif
10歳の娘はこんなに近くで花火を見たのは初めてだったこともあり、とても感動したようです。

娘と浴衣を着ました。


ちなみに花火のルーツは、紀元前3世紀の古代中国、火薬の基本となる硝石が発見されてからと言われていますが、日本での歴史上の記録に残る花火の第1号は、それから約2000年後の天正17年(1589年)7月、伊達正宗が観賞したのが最初とのこと。慶長18年(1613年)8月駿府で、徳川家康に、英国人ジョン・セリーヌが、同行の中国人の手で花火を見せたという記録もあります。(出典:(社)日本煙火協会)

花火の目的は諸説ありますが、昔は送り盆の時期に、魂の鎮魂のために打ち上げられたとか。もともとは送り火としてご先祖様をお送りするための花火でしたが、今ではすっかり日本の夏の風物詩のひとつになりました。

花火大会のお土産を頂きました。

夏のデート035.gifに欠かせないイベントとしても人気の花火大会。大切な人といっしょに夏の夜空122.gifを彩る花火を鑑賞することで、2人の距離がさらに近づくかもしれませんね031.gif

残り少ない夏ですが、全国各地でまだたくさんの花火大会が予定されているようですので、夏の思い出作りにいかがでしょうか139.gif

 

※動画は再生すると音が出ます。ご注意願います。


ブライダルは結婚創造文化の発信源として、社会に貢献する企業です。
ブライダルは結婚相談のパイオニアとしてお相手のご紹介という情報提供のみにとどまらず、パーティやセミナー・イベント・情報誌の発行など様々なプランの発信を続けています。それぞれに自分自身で行動を起こすことが新しい出会いのチャンスへとつながるからです。ブライダルでは結婚相談所のような、人を介したきめの細かいサービス、専任コーディネータ制にて今までに多数のご成婚を創ってまいりました。これからも様々な出会いを提案し、信頼あるバックアップとして、また結婚創造文化の発信源として、社会に貢献できる企業、パートナーであり続けることをお約束いたします。