結婚相談(東京・横浜・名古屋・大阪) Bridal TOP > スタッフブログ > 婚活難民


ブライダル スタッフブログ

スタッフブログ

婚活難民

こんにちは098.gifブライダル東京本社スタッフのemr013.gifです。

最近読んだ婚活本のご紹介です。

「婚活難民」 にらさわ あきこ (光文社)

こちらは婚活のHowTo本ではなく事例紹介ですので、
婚活に興味があって実際に婚活をしている人はどんな感じなのか
知りたいという方や、婚活中だけど他の人はどんな婚活をしているのか
知りたいという方には参考になるのではないかと思います。

この本の中では、婚活をしている女性12人の事例が紹介されています。

婚活サイトに登録した方の話、お見合パーティーに参加した方の話、
お見合いツアーに参加した方の話、相談所に登録した方の話などなど。

著者が1年間の取材で会った女性は約100人だそうで、そのうち
結婚を決めた人は1割。それ以外の人は今も婚活中、とのこと。

そんな著者が気づいた、「結婚を決める人の共通項」は、

「絶対に、子供を持ちたいか、否か」

その気持ちの強さが婚活の成否を左右する、のだそうです。

《以下、引用》
取材した女性たちのうちで、「何が何でも」「何歳までに」「子供を持ちたい」
という強い意志を持っていた女性たちは、1年程度の婚活期間で
スムーズに結婚をしていった。けれど、「ほしいけれど、いつかでいい」とか、
「将来持ちたい」程度の人たちは、なんだかんだで婚活を終えられないで
いるのである。
《引用ここまで》

婚活に限らず、強い意志が結果を引き寄せるということはありそうですよね。
プロのスポーツ選手が、自分の成功している姿をイメージトレーニングしている
という話はよく聞きますし。

「何歳までに」のように期限をきる、というのも重要なのでしょうね。

あと、婚活サイトで活動した方の事例が印象的だったのですが、

《以下、要約》
聡美さんは婚活を始めて1年で、およそ40人の男性達とメールして、
そのうち10人とデートした。そして、つきあったのは2人。
その2人と別れた後、3つの婚活サイトに登録し、1週間で100人の男性から
メールをもらって、うち4人とデートしたが、思うような男性は現れず、
婚活疲れでしばらく休憩。その後、婚活を再開し、現在も活動中。
《要約ここまで》

1年以上かけて、100人以上の男性とメールのやりとりをして、
10人以上の男性とデートしても、「この人と人生を歩みたい」と思える
たった1人に出会えないという事実・・・。

婚活には時間がかかる、ということをあらためて実感しました。

ということで、婚活しようか迷ってる方へメッセージです。
婚活は早めに始めた方がいいですよ!


ブライダルは結婚創造文化の発信源として、社会に貢献する企業です。
ブライダルは結婚相談のパイオニアとしてお相手のご紹介という情報提供のみにとどまらず、パーティやセミナー・イベント・情報誌の発行など様々なプランの発信を続けています。それぞれに自分自身で行動を起こすことが新しい出会いのチャンスへとつながるからです。ブライダルでは結婚相談所のような、人を介したきめの細かいサービス、専任コーディネータ制にて今までに多数のご成婚を創ってまいりました。これからも様々な出会いを提案し、信頼あるバックアップとして、また結婚創造文化の発信源として、社会に貢献できる企業、パートナーであり続けることをお約束いたします。